南海トラフ地震等大型災害が起きた時に県民の生命と財産を守る司令塔の役目を持つ庁舎として、電気設備的にも最新鋭の機能と設備を備えた大型庁舎が現在宮崎県庁正面に建設中です(2020年完成予定)。電工社はこの大型工事を元請(3社による共同企業体施工)として施工中です。安心して暮らせる笑顔あふれる宮崎の街づくりに貢献できるよう頑張っています。

 

【建設概要】
鉄骨造一部鉄筋コンクリート造(免震構造)地上10階、地下1階
防災広場・ヘリポート設置 延床面積 24,420㎡
【主な電気設備】
・ 異なる変電所より2系統高圧電力受電
・ 停電時に最大14日間連続運転可能な非常用発電機を設置
・ 異なる通信回線事業者より2ルートずつ接続し通信回線確保
・ 太陽光発電パネル設置
・ 最新のLED照明器具の採用と照明制御方式の導入による省エネの実現
※その他強電、弱電設備それぞれに防災拠点庁舎に必要な機能を備えています。

アクセスマップ